scilab ver 2.7

作成:2003年7月17日

内蔵エディタ:SCIPAD

SCILABからテキストエディタを起動できます。

                    ==========

                    scilab-2.7

        Copyright (C) 1989-2003 INRIA/ENPC

                    ==========

Startup execution:

  loading initial environment

-->scipad()

-->                                                                       

とコマンドを打つか、メニューのEDITORでSCIPADが起動。

 

 まずFile/SaveAsで、保存先を決めてから、SCILABのスクリプトを書いてゆきます

そしてLoadintoScilabメニューボタンを押すと

 

scilabの方に渡されます。

()の閉じ具合や色分けが便利といえば便利なんですが、””の中身が緑っていうのは読みにくいので ( syslin("c", ) ←こんな風になるので)

\Program Files\Scilab-2.7\tcl\scipad.tcl  の中身をちょっといぢって

(405行目)    $t tag configure textquoted -foreground darkgreen

greendarkgreenにすると、ちょっと読みやすくなると思います。


(2003年7月17日追記)

ついでといえば、何故かHelp代わりにつかう、Apropos(おおよそのヘルプ。単語ズバリを書かなくても適当に検索してくれるやつ)がメニューから無くなっていますので

\Program Files\Scilab-2.7\bin\wscilab.mnu の79行目あたりの

&Demos
    exec('SCI/demos/alldems.dem');

の後ろとかに

&Apropos
apropos [INPUT]Key ?

っていうのを入れましょう。

するとメニューが

こんな風になって、 Aproposを押すと

 ダイアログが出てくるので、適当に何か書くと

何か出ます。

あとはこのリストから適当な物を選ぶと詳しい解説が出ます。

 


2004/06/18 SCILAB 3.0RC1における変更点

上の方で書いた、 $t tag configure textquoted -foreground darkgreen ですが

3.0RC1では、    $t tag configure textquoted -foreground $QTXTCOLORになったので、

そのままでも十分見やすくなりました。


return