DXFが出せればなんでもいいのですが、
とりあえず鍋CAD (フリー版)を使ってみました。
図形要素以外は出さない方が後処理が楽。
Pro/Desktopで、新規デザインを開く。
DXFファイルをインポート
図形だけ取り込む。
回転中心の線を選択して、赤くハイライトさせておき、この線を補助線に指定する。
補助線に指定すると、点線になる。
選択を解除しない事
フィーチャー/回転でまわす。選択している補助線を中心にまわります。(補助線を選択していない場合は、軸(X):が0になってるので、このダイアログをだしたまま、補助線を選択する。
くりん
ちょっと方向を変えてみたりする。
2次元投影
現在の方向からのビューも投影してみよう。
3面図。
出来上がり。